社会人だけではなく学生もストレスが溜まる

ストレス管理

悩む女子

ストレスが溜まりやすいからこそ

うつ病と聞くと、社会人だけがなる病気だと考えている方が多くいらっしゃいます。確かに社会人の場合、仕事の関係上通常よりストレスが溜まりやすくなっているのは事実ですが、高校生も例外ではありません。クラスメイトや教師との関係、更にはいじめ、SNSや学校内における仲間外れなど様々なことが原因となってうつ病になってしまう高校生も多くいます。うつ病になってしまった学生の中には自殺という一番よくない道を選んでしまう人も多く、早急な対応が求められています。そんな中で大切なことは、日々のうつ病チェックです。うつ病チェックとは、今現在どれだけストレスが溜まっているのか、うつ病になるリスクがあるのかを客観的に判断してくれるもので、自分自身の心の健康管理にとても役に立つものとなっております。そんなうつ病チェックは手軽なものだとインターネット上で、また医療機関でも簡単に行うことができるので、いつもと様子が違う、お子さんが変、といったことでお悩みの方は早速試してみるといいでしょう。

うつ病という言葉を聞くと、かつては甘えだ、頑張れない人間がなる病気だといった悪い印象を持っている方が多かったです。しかしそれは過去、今ではうつ病に対する社会の理解も深まり、うつ病という理由だけで差別されたり偏見の目で見られたりすることはありません。高校生でうつ病チェックをするのは変なのではないか、最初は抵抗を抱くかもしれません。しかし、高校生だからこそうつ病チェックをしっかりと行い、これからの将来に備えていくことも大切なことの一つです。うつ病チェックの結果がどんなものであったとしても、それを否定せずにしっかり受け入れることが大切です。また本人だけではなく、周りの人もうつ病チェックの結果がどんな結果であったとしても、それをしっかりと受け入れることが大切です。もし本当にうつ状態にある場合、周りの人の助けがなければ快方に向かうことはありません。心の病気だからと言って距離が疎遠になるのではなく、適度な距離で暖かく見守ってあげることが何よりも大切なことです。うつ病の人にとって、何よりも大切なことは周りの人の理解なのです。

まずはチェックを受けて

医者 うつ病チェックをすることで、鬱病の症状の度合いを簡易ではあるもののチェックすることができます。高校生のような学生でも鬱病にかかるリスクはあり、自覚症状がないこともあるので家族が気をつけて上げる必要があるのです。

詳しく見る

成績の低下や自傷行為

悩む女子 高校生ぐらいの年齢になると、学業が大変だったり、交友関係も複雑になってきます。過度なストレスが溜まり、うつ病を発症することもあります。成績が急に下がったり、自傷行為などが見られます。精神科や心療内科でうつ病チェックを受けましょう。

詳しく見る

学生の精神病について

診察 高校生のうつ病は体の症状が出やすく本人が気づかないことが多いので、早めにうつ病チェックを行った方が良いでしょう。そしてこの病気の可能性があると思った場合には、チェックの結果を持って病院に行き医師に相談することをお勧めします。

詳しく見る

セルフのチェックシート

悩む女子 高校生ぐらいの年齢になると、部活やアルバイトを経験して、交友関係が増えることが多いです。家庭不和や引越しなどの環境の変化、人間関係のストレス、学業の不振などが原因で、うつ病に罹ることもあります。WEB上からセルフのうつ病チェックが出来ます。

詳しく見る

自傷行為がある時は要注意

悩む女子 高校生になると、人間関係が複雑になったり、学業が大変になってくるため、うつ病を発症することがあります。気になる症状が長く続く時は、心療内科や精神科でうつ病チェックを受けることが大事です。親御さんはお子様の変化を見逃さないようにしましょう。

詳しく見る