社会人だけではなく学生もストレスが溜まる

セルフのチェックシート

悩む女子

お子様の変化を見逃さないことが大事

思春期の高校生は、部活やアルバイトを経験することも多く、小さい頃に比べると交友関係が増えてきます。友人や恋人、教師との人間関係で悩んでいたり、学業の不振、進路の悩み、家庭不和などが原因で、うつ病に罹ることがあります。うつ病に罹ると、趣味や娯楽に関心が乏しくなったり、意欲や気力が減退して成績が下がったりすることもあります。短期間で体重が減少したり、増加したりすることもあります。高校生は大人に心身の不調を伝えるのは苦手なので、親御さんがうつ病チェックをしてあげて下さい。インターネットのWEB上では、セルフのうつ病チェックが出来ます。印刷をしたり、メールなどで送ったりすることも出来るので、医療機関を受診する時に持参をすると、医師が病気の診断をしやすくなります。お子様は大人に比べると、病識が少ないため、親御さんが医療機関に付き添ってあげることが大事です。早い段階から、カウンセリングなどの精神療法や、副作用の少ない医薬品を服用することで、辛い症状が改善してきます。まずはお子様の話を聞いてあげる時間を作りましょう。

現代は夫婦で共働きの家庭が増えているので、大きな悩みを抱えていても、親に遠慮をして話をしない高校生が増えています。いじめなどの深刻なケースの場合は、一時的に休学させたほうが良いケースもあります。思春期の年代に入ると、うつ病に罹る人が増加してくるので、お子様の変化を見逃さないことが大事です。精神科の病院やクリニックでは、問診によるうつ病チェックを行っています。自宅でセルフのうつ病チェックを記録している場合は、必ず持参して下さい。高校生になると、男女共に体が発育してきて、異性に関心を持つようになります。恋人との交際で悩んでいる場合でも、うつ病に罹ることもあります。両親が別居をしていたり、離婚などを経験したりしている場合は、お子様に大きなストレスが掛かってしまい、うつ病に罹ることもあります。お子様の環境が大きく変化している場合は、様々な心身の不調が見られるようになります。摂食障害や不眠などが見られることもあるので、親御さんはお子様の様子を注意深く観察して下さい。