社会人だけではなく学生もストレスが溜まる

自傷行為がある時は要注意

悩む女子

思春期の年代になると増加してきます

高校生ぐらいの年齢になると、体が成熟してくるので男女共にホルモンバランスが崩れやすくなります。小学生や中学生の頃に比べると、交友関係も複雑になってきます。交友関係がうまく行かなかったり、両親の離婚などの家庭不和が原因でうつ病に罹ることもあります。現代はストレス社会になっているため、うつ病が低年齢化している傾向があります。うつ病に罹ると人と話をしたり、会うのを避けるようになり、不登校に発展することもあります。食欲不振や不眠、情緒不安定などの症状が見られることがあります。お子様に変化が見られる時は、親御さんが話を聞いてあげることが大事です。共働きの家庭で育ったお子様は、両親に気兼ねをして話をしないこともあります。気になる症状が長く続く時は、心療内科や精神科のクリニックでうつ病チェックを受けることが大事です。高校生は体がまだ未発達なので、強い抗うつ剤や睡眠導入剤などは処方しないことが多いです。比較的副作用が少ない医薬品を処方してくれるので、しばらくは服用を続けて下さい。うつ病チェックを受けて、症状が重い場合は一時的に休学を検討すると良いでしょう。

精神科や心療内科のクリニックは、基本的には予約制の所が多いですが、個人経営のクリニックの場合は、当日に電話を入れると診察をしてもらえることもあります。精神科や心療内科のクリニックでは、問診によるうつ病チェックを行っています。カウンセリングなどでうつ病チェックを行い、総合的に判断して病気を診断することが多いです。高校生は大人とは違って、ストレスを発散できる場所が少ない傾向があります。大学進学を予定している人は、学業の不振などが原因でうつ病に罹ることもあります。気分の落ち込みが長く続いていたり、着替えや洗面などの身支度に時間が掛かるようになります。リストカットや爪噛み、頭髪を抜くなどの自傷行為が見られる時は、放置をせずに早めに受診させることが大事です。高校生ぐらいになると、うつ病に罹る人が増えてくるので、お子様の変化を見逃さないことが大事です。精神科や心療内科のクリニックや病院では、保険適用の治療が受けられます。カウンセリングに時間を掛けてくれる所がお勧めです。